【人気NO.1 メーカーの正規代理店!数25名メーカー厳選!100%正規品保証!】
【クレジット正規取扱い/銀行振り込み可。】
【お迎える前に、実物写真/製品安全証明書等確認可能。】
【送料無料、営業所留め、日時や時間帯指定が可能です。】
【電話番号: 050-3591-8656
【お問い合わせ: service@kredoll.com、最安値挑戦中。】

20世紀半ば日本のロリラブドール

05.142021
View: 26

20世紀半ば、日本は初めて南極大陸に人員を派遣しました。遠征隊員の長期間の禁欲は彼らの健康に影響を与えるであろうことを心配して、日本は南極探検隊の生理学的必要性を解決するために「南極1号」と呼ばれる高品質のセックスドールを開発するために公的資金を使いました。そのため、1990年代には、日本のAVプロデューサーKUKIが、模造セックス人形をテーマにしたAVシリーズ「Antarctica 2」を立ち上げました。

1970年代に典型的なインフレータブルセックス人形が日本に最初に登場しましたが、1990年代には、ロリセックス人形の質感は実際の人間の肌に近づきましたが、それでも非常に硬く感じられました。同じ時期に、一部のメーカーは骨付き人形を作ろうとしましたが、満足のいく結果にはなりませんでした。 2000年代、日本で生産されたドールは本物そっくりで、触覚は本物の人間の皮膚に近かった。21世紀に入ると、セックスドールは形状記憶を備えたゲルまたは樹脂でできており、実際の人間の皮膚や筋肉と同じように感じられます。

少女のロリラブドールは一般的に少女のような形をしており、膣と口が開いているので、男性はペニスを穴に入れ、こすりつけて快楽を生み出すことができます。そして男性のラブドールは強い男性の形をしており、主に女性とゲイの男性に販売されています。

実在の人間に近い精巧に作られたロリセックス人形の中には、アートコレクションや鑑賞として人々(女性を含む)にさえ見なされるものもあります。球形のジョイントヒューマノイドで遊んで、さまざまな服を着たり、化粧をしたり、髪型を変えたりする人もいます。