ラブドール国内正規代理店(kredoll.com)株式会社カリエとは、この度は弊社ホームページをご覧頂きありがとう御座います。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。弊社で取扱っているラブドールは、実際に各メーカーの本社や製造工場に足を運び正規代理店契約するとともに、お客様の健康と安全性を第一に考え、 CE,ROHS, FDA機関より品質管理の基準をクリアしているメーカーと正規ライセンスを結んでおります。全て厳選された信頼できるメーカーの正規品であり、安心できる商品です。弊社の通販サイトは更に分かり安く、お求め安く。

ムガール時代のラブドール

11.202020
View: 8

ラブドールの急増は人々の注目を集めています。 ムガール時代には、ダッチワイフが存在したという非常に弱い証拠があります。

オランダ人はかつて海の主人でした、そして彼らの船員は一度に数ヶ月間海を離れなければならないかもしれません。 船長は船員を幸せにするために、精液を失う手助けをしたので、オランダの妻と呼ばれるラブドールを船員に配りました。

そして日本人はこの発展に気づき、すぐに大地ワイフのユーザーとメーカーになりました。 1960年代に、主人公がカスタマイズされたオランダ人の妻から生計を立てた日本の映画を見たのを覚えています。

数年前から、ダッチワイフを合法的に購入して所有し、プライバシー要件に従って使用することが合法でした。 彼らはセックスショップでそれを購入したり、アマゾンから注文することさえできます。 しかし、誰が進化を止めることができますか? 英国で最近、子供といわれる身長1メートルのラブドールを輸入した男性が事件を起こした。 彼は孤独な人であり、パートナーだけが欲しかったと言いました。

変態ですか? 小児性愛者に子供用ラブドールを提供することは、彼らが本当の子供に害を及ぼすのを防ぐ安全な方法であると信じる人もいれば、そのような空想は犯罪行為を助長すると主張する反対の見方をする人もいます。 心理学者はそれを薬物使用者を治療するためのメタドンの使用と比較しました。

別の開発は、人々がラブドールを借りてそれと一緒に過ごすことができる特別なbordellosで顧客にラブドールを提供することです。 彼らはイギリス、ドイツ、オランダ、オーストリア、スペインに存在します。 奇妙なことに、フランス人はこれを選ぶのが遅います。 最近まで、ルスケイ氏はこのギャップを埋めるとは考えていませんでした。 彼は、賭けをする人がオンラインでコースを予約し、約100ユーロを支払い、秘密の住所を取得できるビジネスを開きました。ここで彼のシリコーンダッチワイフは1時間になります。 一部のフェミニストとその同盟国は現在これに対抗しており、安全保障理事会が議論し、立法化します。